覚前昌也

016
Jbaseball甲子園監修顧問 元プロ野球選手
覚前昌也

Masaya Kakuzen

名門PL学園高等学校在学時に主将として99年の春の甲子園に出場しベスト4。在学時に大阪近鉄バファローズからドラフト指名。03年現役引退。

小学校時代にエースで4番で全国制覇。 中学時代には伝説的な強豪「京都田辺硬式野球部」で下級生から中心選手として、1年時から3年連続全国大会3連覇を達成。 その当時、元ヤクルトの三上真司・元阪神の東辰弥・元日ハムの駒居鉄平・巨人の内海哲也・ロッテの今江敏晃らと共に汗を流していた。このメンバーを見るだけで、当時のチームの凄さが分かる。 3年時には、全日本代表に選出。全日本の3番・キャプテンとして、世界大会に出場し、世界一を達成。 PL学園に進学後、主将として1999年の春の甲子園に出場。ベスト4に貢献。(ロッテで現在活躍している、今江敏晃が、2学年上の覚前に憧れ、PL学園に進学を決めたのは有名な話である。)同年のドラフト会議にて、走攻守三拍子そろった選手として大阪近鉄バファローズから7位指名を受け入団。 しかし、PL学園時代から悩まされ続けた肩痛が完治する事無く、1軍出場のないまま、2003年に引退。引退決定時、まだ若く甲子園出場経験もあることから、複数の社会人チームから”競技生活”続行のオファーもあったが故障の影響もあり、競技生活を断念。

覚前昌也のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならECエンジン 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方